1. HOME
  2. FP資格と試験
  3. FP試験の概要(1)

FP資格と試験 − FP試験の概要(1)

ファイナンシャルプランナー試験は、国家資格のFP技能士(3級・2級・1級)と民間資格のAFP・CFPの2本立てとなっています。

ここでは、FP資格のうち、最も標準的でメジャーな資格である、2級FP技能士・AFPを中心に、試験の概要をご紹介します。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格の種類

(1) FP技能士(FP技能検定)

国家資格のFP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)は、3級・2級・1級があります。3級が最も難易度が低く、2級、1級となるほど難しくなります。

※FP技能検定の試験機関としては、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)と、一般社団法人金融財政事情研究会(金財、きんざい)の2つがありますが、当サイトでは、日本FP協会実施の試験を中心に解説します。
日本FP協会と金財(きんざい)の違いは以下をご覧ください。

(2) AFP・CFP

AFP・CFPは、NPO法人日本FP協会の運営する民間資格です。AFPが標準資格で、CFPは上級資格にあたります。歴史は国家資格のFP技能士より古く、CFPは国際的なFPライセンスとして認められています。CFPを取得するためには、原則としてAFP認定を受ける必要があります。

(3) 2級FP技能士とAFPとの関係

2級FP技能士の試験は、AFPの試験も兼ねており、試験も共通です。2級FP技能検定に合格した後、日本FP協会にAFPとしての登録を行うことによって、AFPを名乗れます。

(4) FP資格試験の全体像

国家資格であるFP技能士(1級〜3級)と民間資格であるAFP・CFPの関係は下図のとおりです。(クリックすると大きな画像で見られます)

FP資格試験の全体像

受検資格や学科、実技の一部合格については細かい条件がありますので、詳細は下記でご確認ください。

どのFP資格を目指すべきか?

FP資格の中で中心となるのは、2級FP技能士・AFP試験です。
2級FP技能検定は、AFP資格登録要件を兼ねており、試験のレベルとしても最もスタンダードで、仕事、生活への活用の幅も広いことから、できれば2級FP技能士・AFPの取得を目指すことをおススメします。特に、のちのちAFP登録を目指したい方は、初めから2級にトライする方が、余計な出費もかからないので良いのではないでしょうか。

一方、FP初心者の方で、まずは基礎知識を学びたいという方は、3級FP技能士からチャレンジするのも一つだと思います。3級は2級の入門編にあたる内容であり、試験範囲もかぶっています。3級経験者の方は、2級の合格率も高いといわれており、最近は3級から受検する人も増えてきました。

ただし、3級から入る場合は、3級と2級受検の間隔をあまり開けない方が望ましいと思います。時間が開いてしまうと、せっかく覚えた知識を忘れてしまいますし、FP試験の出題内容は頻繁に制度改正があるため、再度勉強しなければいけなくなってしまいます。

スクールのFP講座の中には、3級と2級がセットになったものもありますので、2級を目標とする場合にはこういった講座にチャレンジするのもひとつです。