1. HOME
  2. FP資格と試験
  3. FPとは

FP資格と試験 − FPとは

(1) 資格の内容は?

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、年金、ローン、保険、資産運用、税金、不動産、相続といった、家計やお金に関する幅広い知識に基づき、個人のライフプランの設計、アドバイスをする専門家です。

人が生まれてから亡くなるまでには、就職、結婚、出産、子育て、マイホーム購入、老後、相続・・・といった様々なライフイベントが発生し、その間にはたくさんのお金が必要になります。ファイナンシャルプランナーは、家計を守り、育て、豊かで安心できる人生設計を行う、いわば「お金のホームドクター」です。

日本の経済や景気が長期にわたり停滞し、年金や老後の不安を持つ人が増える時代となりました。これからは自分や家族の資産や生活は国や会社ではなく、自分自身で守っていかなければなりません。ファイナンシャルプランナーの資格は、日々の生活に直結したマネー知識を幅広く身に付けることができるので、どんな方にとっても役立ちます。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には、国家試験であるFP技能士(3級・2級・1級)と、民間資格であるAFP・CFPがあり、日本ではこれらを総称してFPと言っています。資格の体系、難易度等については、以下でご紹介しています。

(2) 合格・取得後は?

企業内での活用

<金融機関>
銀行や証券会社、保険会社などの金融機関において、商品提案や顧客へのアドバイスにあたり、FPとしての総合的な知識やライフプランニング能力を活用できます。昨今の規制緩和にともない、どの金融機関も、他社の商品も含めて多様な金融商品やサービスを扱っていますので、資産運用や保険、年金等の幅広い商品知識を持てるFP資格は、仕事に直接役立ちます。

<不動産会社>
不動産会社などでは、相続や税金、住宅ローン等の知識を生かして、従来の不動産仲介業務や販売業務に加えて、顧客へのトータルなコンサルティングを行うことができます。
その他の業界でも、幅広いFPの知識は業務に役立ちますし、資格取得者として就職や転職などにも有利に働くことが期待できます。

独立・開業(独立系FP)

多くのFPが、自分の経験や専門分野を生かして、独立系FPとして開業し、個人に対する相談業務や講演活動、雑誌や書籍の執筆業務等を行っています。

資産運用のコンサルティングや、保険代理店など、特定の分野に専門化して、独立開業するケースもあります。「お金の専門家」として、テレビ番組に出演している方々は、たいていファイナンシャルプランナーの有資格者です。

FPはお金に関することを広く扱いますので、税理士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者など、他の資格との相性もよいため、これらの資格と組み合わせて業務やサービスを拡大している専門家も多くみられます。

生活での活用

FPの知識は、お金と家計に関する幅広い分野に関わるため、全ての人の日々の暮らしに直結しています。

生命保険や年金、マイホームや住宅ローン、所得税や相続税、株式投資や投資信託・・・といった、人生のプランニングをするために欠かせないマネー知識が詰まっていますので、仕事をしている方だけでなく、主婦や学生の方にとっても、必ず役に立つ資格です。

(3) こんな方にオススメ

  1. 金融機関、不動産会社等で顧客への幅広いアドバイス、コンサルティングを行いたい
  2. 将来的に独立系FPとして活躍したい
  3. マネーとライフプランに関する知識をきちんと身に付けたい